失敗しない!ブログ構成案3ステップ黄金則【魔法のテンプレート付・書き方の参考に】

ブログの構成作るのに悩みすぎて3時間もかかる・・・もっと簡単作る方法はないかな?

SEOで上位表示される記事を書ける人は、どうやって構成を作ってるんだろう?テンプレートがあれば知りたいな!

SEOくん

「魔法」とか言っちゃったけど、記事構成作るのに魔法なんてないんですごめんなさいww


今回は個人規模で累計数百万PV、月間で数十万PVのブログを作り上げた経験のあるSEOくんが、実践的な記事構成の作り方について具体的に解説しているよ!

いざ記事を執筆しよう!と思ったのに、なかなか「構成」が決まらなくて苦労した経験のある方は多いですよね。

記事は構成によって内容が決まるので、執筆する際に最も力を入れて作らなければなりません。

ただブログ初心者の方は、構成の作り方を知らないがために、作成に何時間も要してしまいがち。

実はブログの構成を作る時の「型」さえ覚えてしまえば、格段に読者のニーズを捉えた良い構成を作れるようになるのです。

読み終えれば、あなたも

  1. 記事構成を作るスピードが格段に上がる
  2. 読者のニーズを捉えた記事構成が作れる
  3. 結果的に収益がアップする

状態になれるので、ぜひ構成を作る際に活用してみてくださいね。

1.ブログの構成は最重要!見出しを作ってから執筆すべし!

ブログの構成は記事コンテンツにおける「骨組み」。

住宅に例えるなら、いくら良質な木材を使って建設しても、骨組みがしっかり組まれていなければ、家としての安全性は弱まってしまいます。

記事も同様で、せっかく良い内容なのに、構成が上手に組まれていないばかりに残念な文章になってしまいがち。

良いコンテンツを作ってブログを収益化していくためにも、必ず執筆する前に見出しをつくっておく必要があります。

1-1.構成を作らないと記事の主張がブレる

記事構成をあらかじめ作っておくメリットは、記事全体を俯瞰して見つめ直すことができるという点。

全体を見ることで、記事を通して自分が伝えたい「主張」はブレていないかについて確認することができます。

見出しを作らないということは、いわば記事における「ゴール」が設定されていないということ。

ゴールがない記事は全体を通して主張がブレてしまうため、意見が二転三転してしまいがちです。

魅力的な記事というのは、その人自身の想いが記事全体を通して文章に伝わってくるもの。

構成を作らないと記事の主張はブレてしまうので、必ず構成を作ってから記事の執筆を始めるようにしましょう。

1-2.ブログの構成を作る上で意識すべきこと3つ

なるほど。構成の重要性は分かったよ。でもまず何から考えて記事構成を作ったらいいのかさっぱり分からないなあ・・・

大丈夫!ブログの構成を作る上で重要なことは基本的に3つだけだよ!

ブログ初心者の方はいざ「構成を作ろう!」と思っても、なかなか上手く作れないことが多いですよね。

細かいテクニックは後述しますが、シンプルに捉えると構成を作る上で意識すべきポイントは3つだけです。

  1. 読者の悩みは何か把握できているか
  2. 読み終えた後の読者の行動は促せているか
  3. 全体を通して主張に一貫性はあるか

1-3.読者の悩みは何か把握できているか

あなたの記事は誰に向けて書いているものでしょうか。

読者のことを明確にイメージできていなければ、良い記事構成を作ることはできません。

「読者の悩みは何なのか」を詳細に理解して初めて、あなたはユーザーの方向を向いて記事を執筆できるようになるのです。

記事構成の全体を見渡した時に「読者の悩みに答えることができているか」という視点を持つと、良い構成が組めているか判断できるはず。

悩みに対して的確な見出しを作ることによって、読者の心に刺さる記事構成づくりを意識しましょう。

1-4.読み終えた後の読者の行動を促せているか

良い記事というのは、記事を読み終えたあとで読者に何らかの行動変容を起こします。

先ほどは「読者の悩み」に答えることを意識しましたが、それだけでは不十分。

「悩みに答えてくれる記事=良い記事」だとしたら、さらにその先の「具体的にどう行動すればよいか」を考えてあげると、結論の主張がさらに明確になります。

そもそも悩みに答えることが、なぜ重要なのかを深堀りしていくと、悩みに答えてあげることで

  • 読者の生活の質が上がる
  • 読者に大きな気付きを与える
  • 読者を絶望的な状況から復活させる

などこれまで抱えていた悩みから開放されて、良い状態に向かっていけるようになるからです。

悩みが改善され、アクションの取り方まで明確になっていれば、読者にとって良いコンテンツだと言えるでしょう。

記事構成を作成した後に、読み終えた後の読者の行動を先回りして考えてあげられているかをイメージすることが非常に重要です。

1-5.全体を通して主張に一貫性はあるか

最後に確認すべきは、基本的なことですが「主張はブレがない一貫性のあるものになっているか」ということ。

主張に一貫性がないと、話の筋道がよく分からないため、読者にとって信用できない記事になってしまいかねません。

「あれも良い」「これも良い」ではなく、自分のポジションから論点をはっきりさせて主張することが重要です。

記事を見返してみると、必ず1つは一貫性のない見出しが混じっていたりするので、必ずチェックするように心がけましょう。

2.SEOくんがブログの構成を作る際のテンプレートシート(事例)

実際に作ってある構成が見てみたいなあ・・まだイメージがつかなくて。。

今回は実際にSEOくんがブログの構成を作る上での模範例を紹介しているよ!残念ながら、世の中にはこういったシートが有料で販売されていることも少なくないんだけどね(笑)

特別に無料で公開しているので、記事を読んでいるあなたは決して無駄にせずに自分の構成を作る際に役立ててみてくださいね。

※テンプレートシートはSEOくんが実際に利用しているものです。転用は絶対にやめてください。

PDF:転用厳禁!SEOくんが活用している記事執筆準備シート

3.ブログの構成案を作る前の準備3ステップ!

実際に構成案を作る際に、いきなり見出しを書き出そうとしても上手くはいきません。

まず構成を作る前にも準備すべき3つのステップを意識することで、記事の対象となる読者をイメージしやすくします。

具体的には3つの準備が必要で、

  • STEP1 狙うKWを設定する
  • STEP2 読者のニーズをリサーチする
  • STEP3 ペルソナを設定する

と段階を踏んで、記事の骨組みをしっかり作っていきましょう。

STEP1 狙うKWを設定する

大前提として、狙うKWを明確にしておかなければ、検索結果で上位表示はされません。

KWを定めることで、SEOからの流入はもちろんのこと、読者の課題を明確にすることにもつながるので必ず設定しておきましょう。

STEP2 読者のニーズをリサーチする

読者のニーズをリサーチするためには、狙うKWを様々なサイトで検索します。

具体的には、主に以下3サイトは必ずチェックして「読者が何を求めているのか」を明確にします。

  1. 検索結果(Google)
  2. Yahoo!知恵袋
  3. 2ch

また他にも以下のサイトは、執筆する記事のカテゴリーによっては、検索すると思いがけない読者ニーズを得ることができます。

  1. togetter
  2. YouTube
  3. NewsPicks
  4. その他口コミサイト

例えば美容系の記事だったらYouTubeの方がより詳しく情報が得られますし、転職系の記事ならNewsPicksが良さそうですよね。

より読者に共感してもらえるような記事を書くためには、リサーチは絶対に必要な作業。

深層のニーズまで汲み取れるように心がけましょう。

STEP3 ペルソナを設定する

ネットの情報をまとめただけだと、ただのキュレーションメディア記事になってしまいがち。

本当に読者に密度の濃い情報を提供したいなら「記事を読むのはどういう人なのか」細部まで考える必要があります。

もっと明確に読者像を掴む上で効果的なのがペルソナの設定。

ペルソナを設定することによって、より現実味のある記事に仕上るため、記事に共感してくれる読者が増えます。

でもペルソナってどうやって立てたらいいんだろう・・

と思ってしまう方も多いですよね。

今回はペルソナを立てる際にSEOくんが利用している10の質問を用意しました!

ペルソナを立てる10の質問

Q1. このキーワードを検索した人は男性?女性?

Q2. 検索した人は何歳?

Q3.検索した人の出身から生い立ちまで

Q4. 平日・休日それぞれ何してる?

Q5. なにがきっかけで検索したの?

Q6. 検索した人は、今、キーワードについて何か知ってることある?

Q7. 検索した人は、何が知りたくて検索したの?

Q8. Q7以外に知りたそうな情報を10~20個出してみる

Q9.検索にたどり着く以前のストーリーを作ろう

Q10.ペルソナ(ユーザー)にとってのゴールイメージを明確化する

それぞれ当てはめて考えると、より読者の人物像が浮かび上がってくるはずです。

リサーチでは汲み取れない読者のニーズにきっちり答えるためには、ペルソナを立てることが最重要なので、忘れずに設定してくださいね。

4.ブログの構成を作成する際の手順!

事前準備まで完了したら、いよいよ実際にブログの構成を作成する段階に入ります。

用意したシートを元に見出しを作っていきますが、行う作業自体は実にシンプル。

読者のニーズがしっかり汲み取れていれば、そこまで時間をかけずに構成が組めてしまうので、手順通りに進めてみましょう。

STEP1 シークレットタブでChromeを立ち上げる

通常のブラウザは、ユーザーが快適に利用できるように、あなたの閲覧履歴をデータとして保存しています。

閲覧したデータを元に検索結果は調整されているので、普通のタブを開いてしまうと、あなたの好みに合わせた検索結果が表示されてしまいます。

閲覧履歴やCookieなどは反映されないように、正確な検索結果を表示するにはシークレットタブが必須。

  • Windows:「Ctrl + Shift + N」
  • Mac:「Command + Shift + N」

ショートカットを使えば簡単に開けるので、覚えておくと良いでしょう。

STEP2 KWを検索して1ページ目をチェック

狙っているKWを検索して、1ページ目のすべてのページをチェックしましょう。

上位に表示されている記事は、そのKWの検索者のニーズを満たしている良い記事なので、見出しを参考にできるはず。

また競合はどんな構成を作っているのかを参考にしながら、自分は「他の記事にはない独自性があるか」考えながら執筆する必要もあります。

良い見出しを自分の記事に取り入れながら、良い構成が作れるように心がけましょう。

STEP3 関連KWを検索して上から3記事読む

関連KWはボリュームが大きいものから5~8割ほど見出しに含めることを意識しましょう。

狙うKWに付随する関連KWは、他のユーザーがよく検索しているKW候補なので、含めることで情報の網羅性がアップ。

Googleは記事内容の取得に、タイトルや見出しのKWを重要視しているため、関連KWを入れることで評価が上がる可能性が高くなります。

また細かい読者のニーズに主題を複数作って答えられるため、より記事の質を高める上でも入れておくべきでしょう。

STEP4 構成を作成

ここまで終わったら、ようやく見出しを作成していきます。

構成を作る材料は十分に整っているはずなので、自信を持って構成を作っていきましょう。

ただ今回紹介している構成の作り方は、最低限の構成を作成する際の手順。

記事ジャンルによっては、かなりリサーチに手間をかけなければならず、もっと構成づくりに必要な工程が入ってしまうかもしれません。

もし自分で気づいて+α入れられるような工程があったら、追加して自分なりに工夫して構成を作ることをおすすめします。

5.構成が作り終わった後のチェックポイント

構成が作り終わったら、最後にもう1度構成に問題はないか、以下のチェックリストを元に確認しましょう。

構成が作り終わった後のチェックポイント

  1. 読者の悩みは解決できたか
  2. 具体的な行動を示すものになっているか
  3. 情報を並べただけではなく、違和感なくまとまっているか
  4. 競合記事より充実した内容か
  5. 読者に優しい記事になっているか
  6. 見出しごとに抽象度の違いがないか

問題ないようであれば、ここから執筆開始です。

骨組みがしっかり組んであれば、間違いなく中身も抜群に良い文章が書けるはず。

ブログの書き方に関して不安な方は「【ブログの書き方コツ大全】劇的に成果を出せたマニュアル・7つのパターン【無料講座】」で詳しく解説しているため、ぜひ目を通してみてください。

6.まとめ:ブログの構成は読者の悩みに完璧に答える意識が重要

ブログの構成は想定する読者のニーズをしっかり汲み取れてさえいれば、問題なく作成できます。

ただ「読者の悩みに答える」といっても、全ての見出しで読者の悩みを解決する必要はありません。

それぞれの見出しが組み合わさった結果、記事全体を通して、最終的に読者の悩みに答えられていればOK。

見直した時に事前に作ったシートと見比べて「読者のニーズに沿ったものか」考えてから執筆に入りましょう。

執筆者:せおくん編集部

すべての記事が必ずしもTwitterにおける「せおくん」によって書かれているわけでなく、テーマに合わせてその分野の経験者にご依頼し、執筆している場合がございます。

この記事を書いた人

okamotoyuga