週末副業の正解はコレだ!土日在宅で稼げる副業10選と気をつけるべき3つのこと

会社員としての給料だけだとこの先不安・・・週末だけでも副業を始めてみたい!

でも自分にどんな副業が向いてるのか分からないや・・そもそも週末にできる副業って何があるのかな?

近年、働き方改革の一貫として政府も推進しており、各社で解禁の流れが加速している会社員の「副業」。

本業以外で収入を得れることに加えて、副業による経験が本業に+αでいい影響を与えることから、新しい働き方として期待されています。

中でも平日は会社員として働き、週末だけ副業するという形で「週末副業」を始める方も少なくありません。

おそらく、この記事を読んでいるあなたも「まずは週末から始めてみたい!」と考えているはず。

この記事では週末に副業を考えている会社員の方に向けて、

  1. 週末に副業したい時に気をつけるべきこと
  2. 自分に合った副業の見つけ方
  3. おすすめの副業10選
  4. 週末副業を始めたい人におすすめのサービス

について具体的に解説しています。

読み終えれば、週末に副業を始めて「自分でお金を稼ぐ」という最初の1歩を踏み出すことができるようになるため、ぜひご一読ください。

1.週末に副業を考えている会社員が注意すべき3つのこと

初めて副業を始める会社員の方は、本格的に副業にチャレンジする前に注意しておかねばならないことがあります。

今回は「最低限これだけは注意しておきたい!」というポイントを3つ挙げました。

  1. 週末に副業して本業に影響はないか
  2. 会社の就業規則的に問題ないか
  3. 家族の同意のもと行っているか

1-1.週末に副業して本業に影響はないか

当然のことではありますが、会社員の方は平日フルタイムで働いていますよね。

週末に副業をするということは、本来休日であるはずの土日に働かなければならないということ。

休日にしっかり休めなくなることによって、本業がおろそかになってしまっては本末転倒です。

特にいきなり土日のフルタイムを副業に当ててしまうと、休む時間がなくなって、ずっと働いているような感覚になってしまいがち。

まずは自分のリズムを作るためにも「土日に3時間ずつ」などと時間を決めて、無理のない範囲で始めることをおすすめします。

1-2.会社の就業規則的に問題ないか

自分が勤めている会社の就業規則は必ず確認しておくようにしましょう。

多くの企業で副業解禁されているとはいえ、まだまだ副業自体を禁止している企業は少なくありません。

また副業自体はOKであるものの、同業種の副業は禁止しているという企業も。

就業規則を無視して副業を行ってしまうと、社内で働きにくくなったり、最悪の場合、評価が下がってしまい解雇されてしまう可能性もあります。

副業をしても問題ない環境に自分がいるのか、最初に確認しておきましょう。

1-3.家族の同意のもと行っているか

家庭を持っている方は、副業を始めることを家族に伝えておくべきです。

あなたがいくら週末に副業をしたいと思っていても、小さなお子さんがいる家庭であれば、なかなか難しいですよね。

土日の時間が取れなくなることで、家庭の環境が悪くなってしまうのであれば、やるべきではありません。

家族の同意のもとで、よく話し合ってから始めないと、継続的に続けていくことは難しいので注意しましょう。

2.週末の副業を会社にバレずに行う方法

なるほど・・しっかりチェックしておかないとね!でもやっぱりそもそも副業は会社にバレずにやりたいよなあ。

SEOくん

そうだよね!副業を会社にバレずに行うためには「住民税」と「雇用契約」がカギになってくるよ!詳しく解説していこう!

2-1.副業がバレる原因は99%が「住民税」!

普段会社員をやっていると、自分で納めている税金がいくらなのか意識する機会はほぼないですよね。

会社員の場合は給与に対して、会社側が勝手に税金分を引いてくれているため、税金を自分で納める必要がありません。(源泉徴収)

実は給与に対してかかる「住民税」によって、99%の副業はバレてしまいます。

「住民税」は自分が稼いだ所得に対してかかる税金なので、副業として本業以外から収入がある場合は、全体的な所得が増加。

会社員の場合は住民税を納める作業を会社が行っているため、他の人と比べて住民税の額が大きいと「本業以外からの収入がある」と判明してしまうのです。

周りに言っていないのに、なぜかバレてしまった!

という方は多いですが、住民税の額が多くなることによって、意図せず会社にバレてしまうことは少なくありません。

年間の所得が20万円以上ある場合は必ず「確定申告」が必要

会社員の方であっても、本業以外の年間の所得が20万円以上ある場合には、確定申告を行わなければなりません。


確定申告を行わないと、本来支払うべき税金を支払っていないと判断されるため、いわゆる「脱税」を行っている扱いに。


脱税を行ったままにしていると「延滞金」でさらに多くの税金を請求されることもあります。


会社員だからといって確定申告を行わなくていい訳ではないので、必ず覚えておきましょう。

2-2.「住民税」を自分で収めるとバレない

じゃあ結局会社にバレないなんて無理じゃないか・・・こわいよおお

SEOくん

まあまあ落ち着いて!まだそうは言ってないよ!住民税の対策をしっかり行えばバレないで副業することも可能なんだ!

副業が会社にバレてしまう場合は、会社に住民税の金額が増加したことがバレてしまうのが原因ということは先述しましたよね。

実は確定申告の際に、副業分の住民税は自分で支払うことを明記しておけば、増加分の住民税が会社宛てに請求されることはありません。

具体的には確定申告書にある「住民税に関する事項」の欄にある「自分で納付」という項目にチェックをつけると、自分宛てに住民税が請求されます。

この項目だけ気をつけておけば、会社に自分が副業をしていることがバレることはほとんどありません。

確定申告をする際には、必ず「自分で納付」の項目にチェックをつけるように心がけましょう。

2-3.副業で雇用契約を結んでいると自分で住民税を納められないので注意!

副業の中には、自分で住民税を納めることが出来ないものもあります。

基本的にアルバイト・パートなど、会社と雇用契約を結ぶ副業の場合は、勝手に源泉徴収されてしまうため、自分で納税することができません。

さらに住民税は2社以上の雇用契約がある場合に、給与の多い方に2社分を合算したものが請求されます。

つまり本業の会社に、副業の住民税が上乗せされたものが送られてしまうため、会社に副業がバレてしまいます。

会社に副業がバレたくないのであれば、雇用契約を結ぶタイプの副業は行わないように心がけましょう。

3.副業で貰ったお金を「手渡し」でもらうのは絶対にやめよう!(結局どこかでバレる)

副業で稼いだ給与や報酬も手渡しでもらったら、記録が残らないから税務署でもバレないのでは?

と考える方もいますよね。

確かに以前であれば、手渡しでお金を貰えば通帳にも記録が残らないため、申告しなければバレない可能性はあったかもしれません。

しかしマイナンバー制度が導入されてからは、手渡しであっても記録が残るようになりました。

アルバイトやパートなどで、給与としてお金をもらう場合、会社は支払った給料を「支払い報告書」として税務署に提出します。

平成29年1月からは「支払報告書」を提出する際に、給与を支払った人のマイナンバーを記載することが義務付けられました。

税務署はマイナンバーを調べれば、誰が税金を納めていないのか分かるようになったので、脱税がバレる可能性は高くなっています。

また個人事業主として報酬という形でお金を手渡しでもらう時も安心できません。

報酬をもらう際に支払う側は源泉徴収を行い、税務署に報酬分の所得税を納めます。

この時に所得税が納めてあるにも関わらず、報酬を得た本人が確定申告していなければ、脱税は簡単にバレてしまいます。

どのような副業であっても、報酬分の確定申告は絶対に行う必要があるため、手渡しでもらったからといって、申告しないのはやめましょう。

4.自分に合った週末副業を選ぶために知っておくべきこと3つ

会社にバレずに済みそうだ!よし早速副業を始めるぞ!!

SEOくん

良い心意気だね!でもまずは副業の選び方を知っておいて欲しいんだ!

副業といっても様々なので、まずは何から始めたらいいのか迷ってしまう方も多いはず。

せっかく副業を始めても自分に合った副業でないと、継続していくのは難しいですよね。

ここでは週末に副業を始める際に、選ぶ上で知っておくべきこと3つを解説します。

  1. 副業を行う「目的」を定める
  2. 「副業」ではなく「複業」の考え方を持つ
  3. 本業の+αになるものを選ぶ

4-1.副業を行う「目的」を定める

あなたは「なぜ自分が副業に興味を持っているのか」考えたことはあるでしょうか。

人によって目的は様々なので、

  • 月3~5万円でいいから副収入が欲しい
  • 単純に自分に合った仕事を見つけたい
  • あわよくばそのまま副業で独立したい

など考えてみると色々出てくるはず。

副業を行う「目的」がはっきりしていると、どんな副業をしたらいいのかが見えてきます。

例えば将来的な独立も視野に入れて副業を開始したいのであれば「UberEats」を副業にするのは筋違いですよね。

その逆も然りで、単純に「月3~5万円くらい欲しい」のにブログやYouTubeに手を出すのは遠回りです。

自分が何を求めて副業するのかによって、選ぶべき副業のスタイル・種類は大きく変わるもの。

まずは副業を行う目的を決めて、どんな副業があるのか見定めることから始めましょう。

4-2.本業の+αになるものを選ぶ

自分の本業の+αになるものを副業として選ぶと、本業との相乗効果が期待できます。

例えば、もしあなたがプログラマーだったとしたら、その知識を元に週末だけ

  • 講師業をやってみる
  • 独自サービスの開発をする
  • YouTubeで情報発信してみる

などを行うことによって、本業にも活かせるスキルを更に磨くことができますよね。

本業のスキル・経験をベースとして副業を選ぶことによって、副業の単価も高く、得意なことなのでやりやすいはず。

普段仕事で本業やってるんだから、週末くらい違うことやりたい!

と思う方も多いかもしれません。

しかし結果的に、本業でのキャリアアップにも活きるので、できるだけ本業の+αになるものがおすすめです。

4-3.「副業」ではなく「複業」の考え方を持つ

一般的に副業といえば「副業」という書き方で表記されますよね。

「副」という漢字には「補佐」「付加」などの意味合いがあります。

本業が主菜だとしたら、副業は副菜でしかありません。

実際に辞書で「副業」という単語の意味を引いてみても、「本業以外の職業」という意味合いで表示されます。

それに対して「複業」というのは複数の「複」という漢字を使っています。

「複業」は本業以外の仕事を「サブの仕事」という意味合いではなく、本業と同じレベルで様々なプロジェクトをこなして、複数の収入源を持つという意味。

単純に「お小遣い稼ぎ」のように行うのではなく、本業と同じくらいの熱量でこなすことが求められます。

「副業」ではなく「複業」の考え方が持てると、本業のキャリアも伸ばしつつ、収入源を確率していくことが可能に。

「本業と同じレベルで複業できるものはなにか?」を考えると、より良い仕事を選ぶことができるようになるでしょう。

5.地方でも週末に副業することはできる!

地方に住んでいる人って都心に比べて仕事も少ないし、なかなか副業の選択肢も少ないイメージがあるなあ。

SEOくん

確かにビジネスするなら都心は有利だけど「地方だから副業ができない」ってことはないはずだよ!

地方はどうしても都心と比べて仕事が少ないので、副業として選べる選択肢も少なくなってしまいがち。

東京であれば、

軽くランチに行っただけで仕事になった!

なんてことも少なくないので、副業の仕事を獲得する上で有利ではありますよね。

しかし、だからといって地方は全く副業ができない訳ではありません。

今は在宅で簡単にできる副業も増えていますし、本業もリモートワークで行ったりと、住む場所に関係なく仕事は存在します。

打ち合わせもZoomで行えますし、都内ではなくても、行える副業は沢山あります。

「地方だから・・」といって諦めるのではなく、自分が在宅でも行えそうな仕事から探してみると良いでしょう。

6.おすすめの週末にできる副業10選!

ノースキルですぐに始められる(1~3)

自分が何もスキルを持っていなかったとしても、ノースキルで始められる副業は多数存在します。

6-1.ポイントサイト

初心者の方でも始めやすいのが、ポイントサイトを使ってお金を稼ぐ方法です。

ポイントを貯めるには、商品・サービスをポイントサイト経由で登録するだけで、簡単に貯めることができます。

貯まったポイントは「1ポイント=◯円」という形で換金することができる仕組みで、誰でも簡単に始められます。

本業以外でお金を稼いだ経験のない方は、最初の取っ掛かりとして始めてみると良いでしょう。

6-2.データ入力

クラウドソーシングの案件でありがちなのが「データ入力作業」を代行する案件。

データを入力する単純作業をするだけでお金が稼げるので、内職したい方にはピッタリです。

単純作業が好きな方は、チャレンジしてみてください。

6-3.Uber Eats

副業として今1番と言っても過言ではないほど流行っているのが「Uber Eats」。

バイトと違って好きな時間を使ってお金を稼げて、運動にもなるため「Uber Eats」を副業として行う会社員も増えています。

カラダを動かす機会を増やしたいのであれば、Uber Eatsを副業にしてみるのもおすすめです。

スキルが必要で時間がかかる(4~6)

自分のスキルを提供して対価としてお金をもらうタイプの副業は、習得に時間がかかることも多いです。

ただ慣れてしまえば、安定的に稼げるようになっていくため、お小遣い稼ぎとしては非常に優秀な手段であると言えるでしょう。

6-4.Webライティング

比較的学習コストが低く、お金を稼ぎやすいのが「Webライティング」。

SEOの知識を学んで書き方を覚えてしまえば、案件の数も多いので稼ぐこと自体は難しくありません。

ただ「書く」という行為自体が苦手な方にとっては、若干苦痛に感じることもあるため注意が必要です。

6-5.プログラミング

学習コストは高いものの、1案件当たりの単価が非常に高いのがプログラミングの特徴。

0から習得するのは、なかなか時間がかかりますが、根気強く勉強して案件が取れれば、お金は稼げるようになります。

Webサイト制作はとっつきやすいので、効率よく稼ぎたいならおすすめです。

6-6.翻訳

留学経験があったり、帰国子女でバイリンガルだったりする方は、翻訳を仕事にするのも多いにアリ。

Webライティングに比べて1文字当たりの単価が高いので、自分の言語能力を活かせるなら有効活用してみましょう。

本業の知識を活かす(7~8)

自分が普段本業でやっている知識を、他の人に共有することを副業にすることもできます。

あなたが普段当たり前にやっていることが、他の人にとっては大きな価値になることもあるので、やりがいも生まれるでしょう。

6-7.オンライン講座の講師

今や「YouTube」や「Udemy」などが普及し、オンラインの配信プラットフォームで自分の知識を誰かに教えることも簡単です。

もしあなたが地方に住んでいたとしても、オンラインならどこでも講座を行えるため、場所を選ばずに副業できます。

6-8.コンサルティング

本業でかなり専門性がある仕事に就いている方は、法人・個人問わず副業としてコンサルティングを行うことも。

仕事を獲得するまでが大変かもしれませんが、報酬単価は高いため、かなり割の良い副業にはなります。

情報を発信する(9~10)

ネットで情報を発信することで、お金を得る副業もありますよね。

情報発信は、発信した情報が資産として貯まっていくので、継続的な売上は見込めますが、収益化しにくいのがネックです。

6-9.ブログアフィリエイト

ブログアフィリエイトは、ブログで記事を書いて、商品やサービスを読者に紹介して広告フィーをもらう仕組み。

SEOの競争が激化している現在、収益化は難しいかもしれませんが、記事を読んでくれるファンが増えていくのは非常に面白いはず。

6-10.YouTube

YouTuberとして、動画を制作して情報を発信するのは抵抗がある方も多いかもしれません。

ただ市場規模は大きいため、人気のチャンネルになれば、月数十万円を売り上げることも夢ではありません。

7.週末だけ「複業」したい人におすすめのサービス3つ!

「副業」ではなく「複業」として育てていく意識を持った方が、将来的には絶対に+αに働きます。

ただ実際に「複業」として仕事をしたいと思ってはいるものの、どうやって始めたらいいのか分からない方は多いですよね。

今回は自分の本業のスキルを使って複業を始めたい方におすすめのサービス3つを紹介しました。

  1. シューマツワーカー
  2. プロの副業
  3. YOUTRUST

7-1.シューマツワーカー

「シューマツワーカー」は週末などの空いている時間に、スタートアップ企業に参画できるサービス。

エンジニアやデザイナー、マーケターとして技術力を持っている方であれば、登録しておけば誰でも簡単に働けるように。

2020年には4億円もの資金調達を行っている企業なので、これからますます案件数も増えていくことが予想されます。

スタートアップ企業に副業で参画!

7-2.プロの副業

「プロの副業」もキャリアを活かした副業ができるように、案件を紹介しているサービスです。

運営元の株式会社ホールハートはもともと、

  1. 広告
  2. IT
  3. Web

などの業界で10年以上も転職エージェントとしてサービスを運営していたため、実績も非常に豊富。

真に成長を見込むことができる企業とのネットワークを大事にしており、魅力的な案件を用意していることを強みとしています。

またデザイナーやエンジニアだけではなく、広報や人事、営業などの案件もあるため、より紹介できる案件が多いのも特徴的です。

魅力的な案件に出会いたいなら

7-3.YOUTRUST

「YOUTRUST」信頼できる友達、もしくは「友達の友達」からオファーが届く、複業・転職先と出会えるキャリアSNSです。

通常は副業のマッチングサービスの場合、用意されている案件の中から案件を選んで、プロジェクトに入るという形が一般的。

しかし副業で仕事をする場合、本業との兼ね合いの中で仕事をしなければならないため、

  • コミット度合い
  • 勤務形態

などの面でなかなか折り合いがつかずトラブルになってしまうことも少なくありません。

YOUTRUSTは友達や知り合いづてにオファーが届くため、ある程度事前にお互いを知った上で仕事を始めることができます。

キャリアSNSなので、気軽に始めることができるのも大きなメリット。

副業としてジョインしたいサービスを探している方は、ぜひまずはYOUTRUSTに登録してみては?

知り合いづてに仕事を取りたいなら!

8.まとめ:「副業」より「複業」の考え方を持って選ぶべし!

会社員にとって週末という時間は、カラダと心を休めるための重要な時間。

その時間に「副業をやってみたい」と思うあなたは、かなり副業に対して興味がある証拠です。

せっかく休日を返上で副業をするならば、本業のキャリアにプラスになる仕事を獲得した方が良いですよね。

とはいえ、最初から「複業」にできる人というのはそう多くはないはず。

最初は「副業」で稼ぐ感覚をつけて、最終的には本業を活かした「複業」に移行するようにすると理想的です。

お小遣いを稼ぐだけの「副業」をするよりも、なるべく「複業」になるように意識して、自分に合った複業の形を見つけましょう。

執筆者:せおくん編集部

すべての記事が必ずしもTwitterにおける「せおくん」によって書かれているわけでなく、テーマに合わせてその分野の経験者にご依頼し、執筆している場合がございます。

この記事を書いた人

okamotoyuga